ネガティブ論

躁うつ病はなの頭の中を綴る日記ブログ。 ねこもりブログから来た方は、その落差に要注意。

ある日弟がお金を貸してほしいと言ってきた。第2話。

「あなた、借金あるんじゃないの」
直球で尋ねたはなの言葉に、ゆたかくんは一瞬のためらいを見せた後
「うん、ある」
あっさりとうなずいた。

正直、はなは帰りに寄っていいかという電話があった時点で借金絡みを疑っていた。
理由はない。
ただピンときただけだ。
そしてゆたかくんも、あの時は背に腹は代えられなくてお金を借りには来たけれど、きっとばれるだろうとどこか覚悟にも近い気持ちを持っていたと言っていた。
きっと運命の限界点だったんだと思う。
でも、
「借金、いくらあるの?」
そこが問題だった。

今日ゆたかくんが口にした金額は15万だが、そんな金額が総額のはずがない。
そんな程度の金額で、ほぼ連絡の途絶えていたはなのところまでくるもんか。
それなら、よっぽど親しくしていた親や下の弟の方にいくだろう。
もしかして、もうそちらにも行った後か?
はなが知らされてないだけか?
だとしたらどいつもこいつも最悪だ。

顔をゆがめていたゆたかくんが、目をぱちぱちさせながらゆっくりと口を開く。
「金額は、正確にはわからない。
 100万を、こえるくらいだと思う」
・・・あほか。
ゆたかくんが顔をあげた。
心の中で毒づいたつもりが、口からも出ていたようだ。

借入先は、アコムだと言う。
つい最近までアイフル他にもあったけれど、アコムでおまとめローンが通りまとめたらしい。
何度も噛みながら何度もつかえながら、ゆたかくんは話を終えた。
止まらないまばたきは、自分の意志でしているわけではなさそうだ。
顔をしかめるのも、言葉がどもってしまうのも同じらしい。
はなの知っているゆたかくんにはなかった症状が、いくつも出ていた。

100万強。
言われた金額をかみしめる。
思ってたより少ない。
安堵と同時に、疑問が浮かぶ。

本当にそれで全部か?

「アコムはわかった。
 サラ金はおまとめしたから他ではもう借りてないってことね。
 じゃあ、サラ金以外は?」
顔をしかめたりまばたきしたりと忙しかったゆたかくんの表情が止まる。
「・・・会社を辞めた先輩に、借りてる。
 金額は、30万」
脳内電卓に30万追加する。
心のメモ帳にはたわけと記入。
「他には?」
「・・・友達に、4万」
4万追加。
スカポンタン追記。
「他には?」
「・・・もう、ないと思う」
合計134万強。
まあなんてご立派な借金額。
それでもまだ返せない金額じゃなかったことにほっとした。

でも、そこでようやくずっと感じていた違和感の正体に気づいた。
一般的な大人なら、最初にお金を借りるのはサラ金でも友達でもない。
少なくとも、はなは違う。
まずは親。
そうじゃないならクレジットカードだ。

「ねえ、クレカは使ってなかったの?」
ゆたかくんが小さく驚いたのがわかった。
目の前の相手は35才の一般男性だ。
クレジットカードくらい持っているのが普通だろう。
「クレジットカード。
 これだけ借金してて、クレカは使ってなかったの?」
ゆたかくんの顔がさらにゆがむ。
意味が分からない。
今更何を迷うことがある?
クレカの借金には隠したい理由でもあるんだろうか。
うながすようにじっとゆたかくんを見つめると、恐る恐るゆたかくんが口を開いた。
「だって、

 クレジットカードは借金じゃないでしょう?」

ぶっ倒れるかと思った。


ある日弟がお金を貸してほしいと言ってきた。

うちには今、弟が居候している。
はなの上の弟、ゆたかくん。
けして頭はよくないけれど気は優しくて力持ち。

だとみんなが思っていた男。

彼は、嫌なことから逃げやりたいことだけやり続けた結果、自分で自分の人生をぶっ壊して人に寄りかからなきゃまともに生きていくことさえできなくなった。
今は、債務整理と慰謝料返済を抱えて、生活をはなに経済をまーちゃんに助けてもらいながら、ブラック企業で頑張る毎日を送っている。

全ては、2016年の6月。
仕事終わりにやってきたゆたかくんに、
「お金を貸してほしい」
と頼まれたことが始まりだった。

少し前に仕事が2か月休みになって、その分の給料がでなかった。
だからそこで払えなかった家賃を滞納している。
15万貸してほしい。
それだけの話を、まわりくどく何周もしながら彼は語った。
その声は何度もどもり、その目は何度も空をさまよった。
そんなに暑い日ではなかったけれど、額の汗は流れ続けた。
嘘が下手過ぎた。

私は、話を聞いている間、変わり果てた弟の姿をじっと見ていた。
仕事帰りだということを加味しても、ゆたかくんの姿はひどかった。
何か月髪を切っていないのか、ぼさぼさに伸びた髪は上下左右に好き勝手に広がっていた。
ひげはまだらに伸びて、鼻毛は何本も飛び出して、作業服は仕事の汚れ以上に薄汚れていた。
数年前に見かけた時は細身だった体は、ゆうに100kgクラスにレベルアップ。
飛び出たお腹がベルトの上に乗っかっていた。
爪は真っ黒で激しく伸びたまま。
酒でも飲んでいるかのように顔は赤く、目は血走ってうるんでいた。
汗だけではないにおいを感じたのも、気のせいではなかったと思う。

はなが実家を出て約20年。
けして仲のいい姉弟ではなかったはなとゆたかくん。
ミドリちゃんを通して、何をしているのかという情報くらいは得ていたけれど、会うことも連絡することも会いたいと思うこともなく。
たぶんこのままこんな距離感で生きていくんだと思っていた。
それでよかった。
それを希望していた。
関わりたくなんてなかった。

「家賃は月いくらなの?」
はなが問う。
「5万円です」
ゆたかくんが答える。
「2か月分だよね?」
はなが問う。
「そうです」
ゆたかくんが答える。
「なら10万だよね。
 差額の5万円は何?」
はながさらに問う。
「・・・」
うつむくゆたかくん。

でも、こんな嘘に騙されてやるわけにはいかないんだよ。

なんでこんな嘘で金が引き出せると思ったんだろう。
なんでこんな嘘でさえきちんとつかないんだろう。
なんでこんな嘘で私を騙せると思ったんだろう。

私はこの日、実の弟に殺意さえ垣間見た。
そんな始まりの日の始まりのエピソード。

もし何ひとつ間違えずに生きていたら鬱にはならないのかなとか思う。

体調がすこぶる低空飛行。
どこも痛くないしどこも悪くないけど、頭の中がどっちゃり悪意を詰め込まれたように動かない。
こういう時は、ごまあたりを抱えて寝るに限る。

たぶん、鬱。
ちょっと変化球の鬱。
はなはこれが意外に多い。
頭が動かない。
いらいらする。
暗い感情に飲まれる。
やるべきこともできない。
世界なんて滅んでしまえばいいのに。(口癖)

こういう時、普段なら絶対思い出さないような昔の記憶がほじくり返される。
失敗談。
黒歴史。
後悔。
懺悔。
やめてアレは若気の至り。
「忘れる」機能は生きるための防衛本能。

人間て、意外に繊細にできている。
気にしてないように見えても体はちゃんと覚えていたり。
平気そうに見えても体はしっかり反応したり。
口で言うほど傍若無人には生きれない。
全て知る自分が何より自分にNOを出す。
聖人にはなりきれないけど、悪人になるのもむつかしい。
たまにいるそういうストッパーのきかない人には近づかない方がいい。

自分は聖人ではなかったから、心が弱れば過去の自分にさいなまれる。
さいなまれるようなことをしてきた人生だった。
だから今度は後悔しないよう生きると決めて、また同じように後悔する。
人間なんてそんなもん。
はななんぞは神にも仏にももとからなれん。
そう思えるころ、ようやく鬱から復帰する。
今はそれを寝ながら待ってる。

酔った勢いで知り合った爺にマルチに誘われた話。

この間、飲み屋でおじいちゃんと知り合った。
らしい。
残念ながら、酔っぱらってたはなにその記憶は全くない。
1週間後に、あの時のーと電話がかかってきて知った。
お茶しないかと言われ、まさか酔っててあなたが誰かも覚えてませんとは言えず。
のこのこ喫茶店まで出向いた。
そして、顔を見てなんとなく見たことあるようなないようなないような気はしたが、それっぽく話をつないで上記の情報をゲットしたころ、

マルチ商法に誘われた。

コーヒー吹いたを実践するとこだった。
「これは信頼できる人にしか話してないことなんだけど」って、お前と会うの2度目だよ。
むしろ1度目を覚えてないよ。
「俺はお金が目的じゃないんだ」とか絶対嘘だろ。

おじいちゃんは語る。
俺はなんちゃらかんちゃらの会員で、他の人より生活品が安く買えるからそれをみんなに安く分けてあげたいんだそうだ。
それで、みんなが自らもそれができるようになれば幸せなんだそうだ。
そのためには、みんながそれぞれグループを作って会員になっていくことが必要なんだそうだ。
会員になると、何百という福利厚生が使えるようになってお得なんだそうだ。
そして、その会員になるには2000円だか3000円だかの月会費がかかるんだそうだ。

どこがマルチじゃねえんだよっていうね。

まあ、福利厚生を売りにしてるマルチといえばピンとくる人は来るだろうけどそこは伏せておく。
別にはなはマルチを否定はせんし。
けど、少なくともマルチだとわかっててやってるなら何も言わないけど、マルチを「マルチじゃない!」と言い張る人はお話にならんと思っております。

控えめに、だけど明確に「やらない」というはなに、おじいちゃんはヒートアップ。
お米が安く買えるよ。
日用品が安く買えるよ。
たくさんの福利厚生が使えるよ。
こんなにメリット一杯なのに、どうしてやらないの。
爺、本気で不思議顔。
はな、本気で帰りたい。

挙句、会員にならなくてもいいから安く日用品を買う会にだけ入らないかというから、何をするのか聞いてみたら、ネットで買い物するんだそうで。
うん、そっかそっか。
ネット安いもんね。
みんなでわざわざ集まってインターネッツでお買い物♪
って、

なら自分でやるわ。

そしたら「自分はできるからって!」と叱咤。
「老人はできない人もいるんだ」って、じゃあできるはなは問題なくね?
はなは何を責められてるんだろうね。
もう意味が分からない。

爺は再び語る。
その会員の月会費も、グループの人数を集めればペイできる。
そしたらタダで福利厚生が使えることになる。
ついでに自分の懐にも入ってくる。
自分にこれを教えてくれた人は年収1000万だ。
自分もそこを目指してる。
リーマンショックで信用2階建て吹っ飛ばして、今裕福な老後じゃないからお金が欲しい。

結局金じゃねえかよ…。

引きこもりで友達がひとりもいないから無理だと言ったら、引き下がってくれました。
コーヒー代は割り勘でした。
この2時間なんだったんだろう。

躁状態はこんな感じです。

躁鬱病と言われて、いちばん解釈に困るのが「躁状態」だと思う。
実際、はなもいまだに謎のままわかってない部分も多い。
実は躁こそ躁鬱病の人の数だけ答えがあると思っているので、今回はいわゆる一般論とはなのケースだけお話ししようと思う。

最初に病院で言われたのは、躁鬱病というのは本人が苦痛やしんどさを感じていないならあえて治療する必要性はない病気だ、という話だった。
その肝となる躁状態は、ノリノリで仕事がはかどるとか、すらすら作品が出来上がるとか、いわゆる本人の持つ能力が限界超えて覚醒しちゃっていて、普段よりも出来のいい状態に突入してることも少なくない。
その躁状態を、メリットとしてうまく使えてるなら、放置でも全然かまわないんだそうだ。
なんて適当な判断基準。

でも、これにははなも心当たりがある。
自分が躁鬱病だと診断される前、はなは自分がおそろしくムラのあるタイプだと思っていた。
ノリノリの時は、何日も徹夜してものすごい集中力を発揮していくつものことを同時進行しながらやり遂げることができるのに、ダメダメな時は、とても簡単な作業ひとつ終わらせることができない。
難しい参考書や解説書を一晩で何冊も読み解ける日があるかと思えば、ドラえもん1冊読めない日もある。
今思えば、前者が躁で後者が鬱の状態(厳密には軽鬱)なわけだが、その当時はわからなかった。

じゃあ、別に躁状態を治療する必要はないと思うかもしれないが、上がったものは落ちる。
躁が来た後には鬱が来るのだ。
それも、高くあがった躁ほど、深く落ちる鬱へ続く。
だから、躁鬱病の治療というのは、躁状態をあまり高くあげないようにすることで気分の振り幅を狭くしようと、ひどい鬱が来ないようにしようということが主軸になっている。

正直、人生に躁状態しかなかったらはなはきっと治療なんてしなかったと思う。
躁状態は、能力の覚醒の他、精神面でも大きな自信を発生させる。
「私はすごい。」
「私はできる。」
「そんな私をみんな大好きなはずだ。」
「世界の中心は私だ!」
この思考を大真面目に思うようになる。
いわゆる「万能感」。
ポイントは、そんな気がするだけで現実がそうであるとは限らないこと。
何でもできて、何でも分かってる気になる状態。
ピークの時なんて、出来ないことなんて何もないような感覚さえやってくる。
そこに浸かりきってる間はとても幸せで満足してて気力に満ち溢れる。
でも、上がれば落ちる躁鬱は、いつかこの状態が夢から覚める。
そして、夢を見てる間にした自分の行動を、今度は、
「私なんて必要ない」
「生きててすいません。」
「生まれてきてすいません」
という精神状態で受け止めなければいけなくなるわけだ。
言うなれば、大人しく生きてきた女の子が酒に飲まれて大暴れした次の日だ。
うん、酒飲みのたとえは酒ばかり。

考えてみてほしい。
誰もが1度はあると思う。
酒飲んででも、調子こいててでも、なんかやけに浮かれててでもかまわない。
なんでそんなことしちゃったんだろうと後悔した経験。
はなは、それが人生単位。
その時は必要だと思った散財。
その時は出来ると思った大法螺。
その時はこの私にたてつくなんてと思った逆切れ。
黒歴史はもう飲み込み切れないほどある。
ちょっとこっぱずかしいレベルから、口に出したら終わる話まで、上から下までよりどりみどり。
切れてしまった縁も、切ってしまった縁も、数えきれないほど。
躁状態にさえ入らなければそんな行動しなかったとは思うけれど、相手にはそんなこと関係ない。
自分の中にふたつの性格がまるで交わることなくあるような感覚。
そして、そのどちらも反対側からでは制御ができない、そんな感じ。

だから、はなは治療をすることを選んだ。
躁の万能感より、鬱の後悔を迷惑を減らしたい。
普通であることに憧れる。
躁鬱病って、はなにとってはそういう病気。






LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード