ネガティブ論

躁うつ病はなの頭の中を綴る日記ブログ。 ねこもりブログから来た方は、その落差に要注意。

はなの鬱ってこんなんです。

冬になると、調子の悪い日が続くのは仕様らしい。
先生にそう言われた。
そして、言われた通り調子が悪い日が続いている。

はなの鬱は、突然どうしようもない絶望が背中に降ってくる。
何かあったわけでもなく、これから何があるでもなく。
ただ唐突に真っ暗な気分と絶望が幕を開ける。

何にも理由なんてないから、当然どうにかすることなんて不可能。
言うなれば、失恋なんてしてもないのに失恋のあの気分だけやってきた、みたいな感じ。
うん、最悪。
トキメク相手のいない失恋とかいいとこゼロ。
踏ん張れる気全くしねえ。
もしそれが、本当に失恋したんだったら、思い切り泣いてみたり酒飲んだりヤケ食いしてみたり酒飲んだりフテ寝してみたり酒飲んだり友達とカラオケ騒いだり浴びるほど酒飲んだり。
その時出来る目一杯のやり方で失恋の傷をいやすこともできるかもしれない。
(ほぼお酒押しですが、投薬中の方はお酒ダメ絶対)
でも、はなに来る絶望には理由がない。
何か悲しいことがあったわけじゃなく、何かトラブルがあったわけでもない。
人生トラブルばっかだけど、そういう時に限って何にもない。
だから、解決させる方向性が見えないまま、ただただその中をもがく日々がスタートする。
とりあえず、意味は分からない。

負の感情ってのは、本当に人を消耗させる。
生きててごめんなさいとか。
自分みたいなもんがとか。
過去の黒歴史をやたらと思い出して生まれてきてすいませんとか。
日頃ギャグでしか言わないようなフレーズが真面目にのしかかってくるのは恐怖だ。
感情がオーバーヒートぶっこいてて、夕日見ただけで涙が出る。
30いくつにもなって全力センチメンタルジャーニーだ。

はなは、そうなると寝まくりの日々を過ごす。
というか、それしかできなくなる。
めちゃくちゃ眠れる過眠の時は放置で、眠れない時は薬に頼る。
すると、どこかでふっと絶望が楽になる時が来る。
それを待つ。
消極的だけど、解決策はこれしかない。

これが結構真面目につらい。
人によっては、生きてることさえつらい。
本気で、全て滅べばいいのにとか思う。
鬱病の人の鬱はこれとはまた少し違うみたいだし、躁鬱病でも人によっていろんなパターンはあるみたいだけど、はなはだいたいこんな感じ。

はなは、どちらかというと鬱は軽い方だと思う。
過眠過食に行くタイプだから痩せ衰えてもいかないし、何もできないほどの大底状態はおおむね数日で通り過ぎてゆるい鬱がちょっと続く。
だから、ひたすら寝ることでなんとかやりすごせる。
そのかわり、躁はけっこう激しい。
どっちがマシかはわからないけど、出来るならどっちも嫌だと思う。
薬のおかげで程度や頻度は楽にはなったけど、ゼロになるのは高望みみたいだ。

春になったら、もう少しマシになることを願って、今日も布団におやすみなさい。




躁鬱病ブログ始めました。

ブログを開設しようと準備してきて、いざ書こうと思った日に調子が悪い。
まさに、そんな病気の躁うつ病。
はなはどうやらその病気らしい。

30過ぎたころ。
何をどうやっても眠れなくなって、友人の勧めで精神科に行った。
行った頃には、うまく眠れなくなって1週間くらいたっていたと思う。
「寝れない」と話して、状況も話して、なんかいろいろ話してたら、「躁うつ病の治療をしてみないか」と言われた。
それで、半信半疑で薬を飲んで、わずか数週間で世界が開けて、今に至る。
そんな感じ。
はなチョロい。

今は、ジェネリックのリチオマールを日に1200mg。
200mg×3個を2回。
これ以上は増やしたくないとは先生談。
なので。
鬱が強いときにはクエチアピンを。
躁が強いときにはエビリファイを臨時で飲むように処方されている。

正直なところ、躁うつ病という自覚は薄い。
生まれてこのかたずっと、人間てみんなこんなもんなんだと思って生きてきたら、自分だけ少しハードモードだったという事実を知った、みたいな感じ。
薬が効いてきた瞬間の世界の晴れやかさには、正直吹っ飛んだ。
だから、躁うつ病という病名にこだわりはないけれど、薬は欲しいからお利口に通院してます。
病院は、なかなかファンキーなところです。

薬を飲んで一番変わったのは、腹が立たなくなったこと。
大真面目にこの世界は全て敵だとピリついていた感覚が消え、普通の状態が穏やかになった。
旦那まーちゃんとの夫婦喧嘩は100回が2回くらいに超激減。
まーちゃんにはほんと朗報だったと思われる。

そんなはなの頭の中を吐き出すことが目的のこのブログ。
主に猫が絡まない自由日記。
わざわざ人に見られる場所に書くのはもはやはなの癖だと思う。
ねこもりから来た方、夢を壊されたくない方は回れ右。
ゲテモノ好きの暇な大人だけ、自己責任でどうぞ。





読者登録
LINE読者登録QRコード