この間、飲み屋でおじいちゃんと知り合った。
らしい。
残念ながら、酔っぱらってたはなにその記憶は全くない。
1週間後に、あの時のーと電話がかかってきて知った。
お茶しないかと言われ、まさか酔っててあなたが誰かも覚えてませんとは言えず。
のこのこ喫茶店まで出向いた。
そして、顔を見てなんとなく見たことあるようなないようなないような気はしたが、それっぽく話をつないで上記の情報をゲットしたころ、

マルチ商法に誘われた。

コーヒー吹いたを実践するとこだった。
「これは信頼できる人にしか話してないことなんだけど」って、お前と会うの2度目だよ。
むしろ1度目を覚えてないよ。
「俺はお金が目的じゃないんだ」とか絶対嘘だろ。

おじいちゃんは語る。
俺はなんちゃらかんちゃらの会員で、他の人より生活品が安く買えるからそれをみんなに安く分けてあげたいんだそうだ。
それで、みんなが自らもそれができるようになれば幸せなんだそうだ。
そのためには、みんながそれぞれグループを作って会員になっていくことが必要なんだそうだ。
会員になると、何百という福利厚生が使えるようになってお得なんだそうだ。
そして、その会員になるには2000円だか3000円だかの月会費がかかるんだそうだ。

どこがマルチじゃねえんだよっていうね。

まあ、福利厚生を売りにしてるマルチといえばピンとくる人は来るだろうけどそこは伏せておく。
別にはなはマルチを否定はせんし。
けど、少なくともマルチだとわかっててやってるなら何も言わないけど、マルチを「マルチじゃない!」と言い張る人はお話にならんと思っております。

控えめに、だけど明確に「やらない」というはなに、おじいちゃんはヒートアップ。
お米が安く買えるよ。
日用品が安く買えるよ。
たくさんの福利厚生が使えるよ。
こんなにメリット一杯なのに、どうしてやらないの。
爺、本気で不思議顔。
はな、本気で帰りたい。

挙句、会員にならなくてもいいから安く日用品を買う会にだけ入らないかというから、何をするのか聞いてみたら、ネットで買い物するんだそうで。
うん、そっかそっか。
ネット安いもんね。
みんなでわざわざ集まってインターネッツでお買い物♪
って、

なら自分でやるわ。

そしたら「自分はできるからって!」と叱咤。
「老人はできない人もいるんだ」って、じゃあできるはなは問題なくね?
はなは何を責められてるんだろうね。
もう意味が分からない。

爺は再び語る。
その会員の月会費も、グループの人数を集めればペイできる。
そしたらタダで福利厚生が使えることになる。
ついでに自分の懐にも入ってくる。
自分にこれを教えてくれた人は年収1000万だ。
自分もそこを目指してる。
リーマンショックで信用2階建て吹っ飛ばして、今裕福な老後じゃないからお金が欲しい。

結局金じゃねえかよ…。

引きこもりで友達がひとりもいないから無理だと言ったら、引き下がってくれました。
コーヒー代は割り勘でした。
この2時間なんだったんだろう。